>>HOME >>事業案内 >>包材部

包材部

新しい「価値」を創りだすのが仕事です。

環境問題となった包装資材。問題はコスト。我々の物流・商流でこれを解決。

包材部

包材部

●レトルト食品や真空パック、加工したばかりのラップ包装など、量販店やホームセンターに並ぶ商品をご覧ください。これらの包装資材を取り扱っているのが包材部です。ガムテープやエアキャップ、段ボールなど「包む」分野すべてに及んでいます。
 消費経済社会では非常に重要で不可欠な要素ですが、一般に重要性は知られていません。

●別の角度からみれば、この包材部の重要性や社会的な役割が理解できます。
  いまや社会的問題となっている、ペットボトルやトレイ。量販店の入口にある回収箱が印象深いでしょう。問題は環境問題です。これら「環境に優しくない」資材を、そう簡単に新しい資材に切り替えることは困難を極めます。問題はコストアップにあります。

●包材部が、大きな飛躍をとげるチャンス。また、社会的役割や「やりがい」があります。
 コストの高い新しい資材を物流の現場にのせるためには、画期的なコストダウンの実現がカギです。例えば商品に最も適したパッケージングシステムの企画提案、物流現場における包装機械・梱包機械・自動運搬機器導入など省力化の提案をおこなう。
 そして、コストダウンが実現し、新しい資材の活用と環境問題がクリアできます。

●我々の物流・商流の知恵が光る部門です。
取扱品種
主な取扱商品
包装資材 包装用テープ、食品包装フィルム、衝緩材、化成品、ダンボールケース、化粧箱、その他包装資材
包装機器 梱包機械、省力機器、その他荷造包装機械全般
主な販売先
■官公庁 ■学校 ■量販店 ■一般小売店 ■製造会社など